ビジネスファッションにも合わせられる今年のモテアウター

ビジネスマンのファッションというと、基本的にはスーツ。
それは1年を通して変わらないものです。

『クールビズ』が広まったおかげで夏場はネクタイを外して半袖スタイルもOK! という会社も多くなってきました。
が、冬場になるとこういった規定も特にありません。
下に保湿・保温性のあるインナーを着込む事が出来たとしても、やはりそれだけでは寒いものですよね。

そこで+αで考える事が出来る定番防寒対策というと『ビジネス用のアウター』です。

防寒重視のダウンを着たり、休日用のオシャレアウターを着まわしたり、という人がほとんどでしょう。

しかし、スーツは毎日着るもの。1番他人の目に触れるファッションなんです。
特にアウターは外にいる間、ずっと着ています。
ほとんどの人が、冬のあなたのファッションを「アウター」で判断しているといっても過言ではないでしょう。

スーツは男性にとって魔法の洋服です。サイズ感バッチリのスーツを着て髪型を整えると、ほとんどの男性は雰囲気イケメンに変身できます。
なのでもし『モテたい!』という気持ちがあるのなら、合コン用の一張羅を買うよりも、普段スーツの上に着るためのモテアウターを1着買うことをおすすめします。

スーツに似合うモテアウター

誰にでも似合うスーツアウターの定番・ステンカラーコート

ビジネスマンのファッションというと、基本的にはスーツ。
ステンカラーコートはスーツの上から羽織るコートとしてとても人気のあるデザインです。
定番デザインの襟元は年齢を選ばず、どの年代の男性でも似合ってしまうからです。

言ってしまえば『無難カッコいい』というやつですね。
どんな体型の人でも似合います。

絶対に失敗したくない人は、ステンカラーコートがベストかもしれません。

無難なカラーはベージュやグレーですが、今年の流行はチェック柄。
「流行が終わったら着ない」ぐらいの気持ちでこうした柄物のステンカラーコートを選ぶと、かなりオシャレ度がUPします。





スリムな人は断然コレ・トレンチコート

ステンカラーコートよりも渋みがあり、カッコいいデザインのアウターといえば何と言ってもトレンチコート。

ロング丈よりも、ショート丈の方が無難です。
ロング丈だと、中途半端に足が見切れてしまって、スタイルが悪く見えることがあります。
どうしてもロング丈がいい場合は、全部ボタンを閉めずに下半分は開けておくといった着こなしが必要です。

どちらかというと、スリムな体型の人の方が似合うデザインです。
ぽっちゃり気味の人は避けて通った方がいいでしょう。





ちょっとぽっちゃりでも似合う・Pコート

ステンカラーコートよりも渋みがあり、カッコいいデザインのアウターといえば何と言ってもトレンチコート。

ステンカラーよりもちょっとカジュアルで、どことなくかわいらしさもあるピーコート。
真冬だとちょっと寒い?と思われがちですが、厚手のウール系素材のピーコートなら真冬でも結構暖かく過ごせます。

どちらかというとラフな髪型に似合うコートなので、きっちりぴっちりしなくてもいい職場向きのアウターだと言えるでしょう。

こちらのコートはちょっとぽっちゃり気味の男性の方が似合います。
スリムな人が着ると「着られている感」が出やすいデザインです。スリムな人は、しっかりと体に沿うラインの物を選ばなければいけません。




肉付きがいい方が似合う?・ダッフルコート

Pコートよりも甘さとカジュアル感アップ!のダッフルコート。

短め丈のダッフルジャケットだとさらにカジュアルさが増します。そうしたテイストが好みであれば、ぜひ取り入れてみましょう。

長め丈にすると少し落ち着いた印象になりますが、丈によっては足が短く見えてしまうことがあります。
身長の低い人は手を出さない方が無難です。

また、肉付きのしっかりした人でも似合ってしまうのがダッフルコート。
体の丸みとダッフルの甘さマッチして、そういうキャラクターのような雰囲気を作ることができるんです。




これはNG!非モテアウター

モテアウターがあれば、非モテアウターもあります。 意識せずに選ぶと、うっかり選んでしまうこともある『代表的非モテアウター』を挙げてみました。

とにかくかぶり率が高くデザイン性の低い・ダウンコート、ジャケット
ダウンジャケット・コートは防寒性が高いので、寒いとうっかり手を出してしまうアウター。

はっきり言ってスーツには似合いません。
特に『オシャレダウン』ではなく『機能性ダウン』は、かなりダサくなってしまいます。
と言っても、『オシャレダウン』もスーツに合わせるのはイマイチなアウター。あまりチョイスするべきではないデザインです。

昨年からユニクロのウルトラライトダウンが発売され、「軽くて暖かい!」と喜んだ人も多いでしょう。
しかし、あれをカッコいいと思っている女性は皆無と言ってもいいでしょう。
足腰が冷えないようにとロング丈をチョイスされている男性も多いようですが、余計にスタイルが悪く見えてしまっています。

どうしてもオシャレアウターだけでは寒いという人は、ウルトラライトダウン系の薄手ダウンを、オシャレアウターの下に着込みましょう。

それだけでオシャレ度はかなり違ってきます。


ホストみたい?・ファー付きコート

どんなデザインのコートであっても、ファー付きデザインの物だけは絶対に避けましょう。

ファーはかなりカジュアル感・ゴージャス感が強く、ピシッとしたスーツには似合いません。

スーツ+ファーは、下手をすると『ホストファッション』にもなりかねません。

ホストファッションは似合う人がかなり限られています。
ビジネスのためにスーツを着ている人の中で、ホストファッションが似合う髪形をしている人は一体どれだけいるのでしょうか。







最後に

ここまでさまざまな防寒アイテムを紹介してきましたが、スーツに合わせるアウターや冬小物は、ビジネスファッションを中心に取り扱う紳士服屋さんで購入すると結構なお値段がします。

長く着るのであればそういった場所で高価で良いものを購入する手段も良いかも知れませんが、やはりその時々の流行を取り入れていきたいもの。
毎年アウターのためだけに万単位のお金なんかかけるのは勿体ない!なんて思う方でしたら、ネット通販サイトを活用するといいでしょう。

通常のメンズファッション通販サイトにもこういったビジネスファッションにも使えてしまいそうなシンプルなアウターや冬小物って結構そろっているのです。
それでいて1万円以内で購入出来てしまう所は本当に嬉しいものではないでしょうか?

やはり冬場のビジネスファッションにスーツのみというと寒いものです。
男性は女性に比べて身体の作りが強靱であったとしても、それでも寒さで風邪を引いてしまうなんて事は普通にある事です。

やはり何と言っても身体は資本ですからね。
自分を守る為にも仕事に支障をきたさない為にもアウターで寒さから自分を守る事を優先的に考えた方が「デキル大人の男性」だと思えますよ!

このページの先頭へ